東京・横浜の結婚式持ち込みカメラマン《MINT》写真撮影|出張外注|神奈川・埼玉・千葉・栃木

東京・横浜の結婚式持ち込みカメラマン《MINT》写真撮影

カメラマン持ち込みNG式場での写真撮影について【MINT】

こんにちは!
MINT 大石です。

今日はタイトルの通りですが
持ち込みNGの式場への持ち込み撮影依頼を頂いた際の、僕の対応について書きたいと思います。

最初に書いておくと
持ち込みNG会場へ撮影で行くことは 「今でもあります」

お悩みの方は、こちらの記事を読んで参考にしてもらえたらな、という思いで書いていきます。
※最後の方に重要なことを書いてます!

ようやく結婚式場が決まって
「さあ楽しみな結婚式、素敵な写真映像を残したいなー」とお考えの方は当然多いでしょう。
しかし、そこで発生するのがこの「カメラマン持ち込みへの壁」

すでにご存知の方もたくさんいると思いますが
日本の結婚式場では式場のプランの中からドレスやお花、写真プランなどを選んで
結婚式を作り上げていく、というのが最も主流の流れです。

あなたの結婚式場は、カメラマンの持ち込み可能ですか?

式場によっては、「一切禁止」の場合もあるんです。

最近ではSNSが広まったおかげもあり
たくさんの撮影業者やカメラマンの存在が認知されていますよね。
もしも「このカメラマンに撮ってもらいたい!」という憧れのカメラマンさんがいる場合は
式場との仮契約前に、注意が必要です。

さて、私たちの式場は持ち込みOKらしい!
これで一安心だね!

ちょ、ちょっと待ってください!
安心するのは早いです。

なぜなら
「持ち込みOK」は種類がありまして

「堂々と持ち込んでOK」な場合と

「ゲストとしてならOK」な場合があります。

前者に関しては不安なことはありませんね。
自分好みのテイストのカメラマンを探して、素敵な写真を残しましょう。

では後者の、ゲストとしてならOKな場合
これにどういうことかいいますと、文字どおり
ゲスト扱いになり他のゲストと同じように扱われます。

わかりやすくいうと
「本当はカメラマン持ち込みを阻止しなくてはいけないけど
カメラを持ったゲストという立ち位置なら仕方なくOKにします」

という感じでしょうか。
普通のゲストでなくてはなりません。

披露宴では席が用意され、料理も運ばれてきます。

名目上ゲストという形にするだけで、自由に動いても大丈夫な式場もある一方
ゲストなので、挙式では着席、披露宴入場も自分の席に座ったままの撮影という場合もあります。

披露宴入場を動かずに撮影するというのはなかなか難しいものです。

元々持ち込みNGであることを知っていて
プランナーさんに最初から、プロカメラマンではなく親族や友人だと嘘をついて交渉した場合などでは
普通のゲストと同じに見られるよう演技も必要になってきます。

ここで
僕の「列席としての」持ち込み撮影をご依頼いただいた際の意見なのですが

答えは『NO』です。

語弊があるので説明すると
「プロカメラマンではない友人」という演技をしながらの撮影はお断りします。
なぜなら僕自身、納得のいく撮影ができないから。
誇りを持ってこの仕事をしているのに、全力を出せないと悔しさが残ってしまうから。

基本的には「現役のプロカメラマン」であることをお伝え頂きます。

ゲストだと聞いていたのに、プロカメラマンじゃないか!
友人だと聞いていたのに話が違う!

なんてことになったら大変ですよね。

実際にこんなことになったという話は聞いたことはありませんが
絶対に起こらない保証はありません。
問題が発生した時に一番怖いのが、「大切な瞬間を全力で撮れない」事態になること。

それだけは回避したいです。

ちなみにですが
僕は持ち込みNGの式場を悪くいうつもりは一切ありません。
元々式場カメラマンとして働いていた僕は

信頼できるパートナー企業と結婚式を築き上げていきたい

という熱い思いを持った経営者の方も見てきました。
持ち込みNGの結婚式場は悪、というわけではないんです。

最初に「※最後の方に重要なことを」と書きましたね。

ではこの記事は締めになりますが
カメラマン持ち込みNGの式場で結婚式を挙げる方へ、僕なりのアドバイスを記しておきます。

実はここだけの話。

持ち込みNGの式場でも、持ち込み出来てしまうことがあるんです。
残念ながらお客さんによって、交渉結果が違うことがあるのは事実。

簡単に言えば 「タイミング」 と 「熱量」です

写真にこだわりがある、または
カメラマンへのこだわりがある方はそれをまっすぐ伝えましょう。

「式場を決める前からカメラマンを決めていた」
「どうしても撮ってほしいカメラマンがいる」

後から交渉するよりも
早い段階で持ち込みカメラマンについてお話することをオススメします。

式場との仮契約前に、必ずカメラマン持ち込みについて話をしてくださいね。
契約してからの交渉は当然ながら難しくなります。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらの新婦さんも「このカメラマンに撮ってもらう!」と
持ち込みNGの式場に交渉して、許可を取ってくれた方です。
持ち込みOKの連絡を頂いた時は、何よりもその気持ちが嬉しくて思わず僕も涙が出ました。

絶対に許可を取れるものではありません。
でもせっかくの人生に一度の大切な日です。

カメラマンは自分で選びたい、というその気持ち
勇気を出して伝えてみてください!

ではみなさん、また次回の記事でお会いしましょう!

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 是非、前撮りの撮影をしていただきたいのですが、どこから問い合わせればいいのかわからなかったので、こちらに失礼します!ご連絡お待ちしております。

    • 高橋様こんばんは!
      お問い合わせありがとうございます!!

      おヒマな時でいいので、LINEでご連絡いただいてよろしいでしょうか??
      @photo-mint で検索してみてくださいね。(@もつけてください)

  2. 是非、前撮りの撮影をしていただきたいのですが、問い合わせ場所がわからなかったので、こちらにコメントさせていただきました!ご連絡お待ちしております。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


March, 2018
M T W T F S S
« Feb.   Apr. »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031